4歳児のホワイトデー

今年もきましたね、ホワイトデー。

我が家では、2歳のときからホワイトデーをイベントとしています。
過去に作ったものは以下の通り。

3歳児のホワイトデー

2歳児の手作りホワイトデー

例年、子供にも手伝いをさせてお返しを手作りしていましたが、今年はちょっと様相が違います。
というのも、今年はなんと・・・本命チョコをもらったから!

いやー、なんだろうねぇ。

4歳児だよ?女の子の方がマセているとはいえ、好きな子がいて、その子にチョコレートを、しかも手作りであげようとか思うんだね?!

よくアニメやドラマで、「うちのバカ息子が・・・」っていうのがありますわね。

なにも自分ちの子供を、そんないい方しなくてもいいのにねぇ・・・とか思ったことがあるんだけど、今回、思わず口にしそうになったわ。びっくりした。

そんなこんなで、例年よりも子供の作業量を多くして、本人にもプレゼントを作る喜びを。親はそれを動画にとって、編集して、本人はもちろん親戚にも頑張っている様子を共有しよう、という作戦。

ミニアップルパイを作る

今回のお題はアップルパイ!
でも、パイを成型したりっていうのが難しいし、その割に見た目の大半をパイが占めちゃうので、だったら既製品を。それでいて、小さい子供でも食べやすい小さいのを。ということでミニアップルパイ。

これはクッキーベースですが、使ったのは甘みが少ないパイベースのを使いました。
というのも、フィリング(リンゴを煮たやつ)が甘み少なめで作るので、生地が甘いとフィリングが酸っぱく感じちゃうかな?と思い。

では子供の出番。

まず、リンゴの皮をむきます。

うちは毎年、大量のリンゴが送られてきて食べきれないので、腐らせないうちにコンポートにして冷凍してます。その関係で、こんな調理器具を持ってます。

まぁ、安全ピーラーなんかでやってもらうのがいいかもですね。

次に、リンゴのカット。

これもリンゴカッターがあるので、それを使いました。ざっくり切りですね。

コンポート用にカットするのは、親がやりました。
ここも、卵カッターみたいのがあれば子供にやらせかったんだけど。

切ったリンゴを煮るために、味付け。

CCレモンのみ!
意外かもですが、実はポピュラーな方法らしいです。調べると結構出てくる。

むしろ、CCレモンを探す(購入する)のが一番大変だったりする・・・。
オランジーナで代用できないかなぁ・・・とか思案する昨今。

ガス台に置き、火にかける

ガスを点火するくらいはできますよね。基本、やらせない操作だけど。
そういった意味では、今回は特別だからね!ってことで許可する感じでした。

タイマーをセット。

うちは諸事情あってGoogleHomeがあるので、子供に「OK、Google」と「タイマーを10分」を覚えさせて実施。これ、案外いいですよ。べつにGoogleHomeじゃなくても、スマホで「OK、Google」でも、「Hey,siri」でもいいですよね。

煮込んだ翌日。冷めたフィリングをパイ生地に乗せていく。

ここが一番心配だった部分。子供が慎重にやってくれたので良かったです。何個か作ったら1個食べていいよ、みたいな約束をして、一杯乗せてね!ってやるのがいいと思います。

煮汁に砂糖を少し加え、ゼラチンでゼリーを作り(まだ暖かいうちに)塗布

乾燥予防でゼラチンゼリーを。正直、フィリングを乗せる前にフィリング自体に絡めておけば、この工程いらなかったかな?とか思いましたが。

あとはラッピングして完成。

100均で箱を買ってきて、それにパイ生地が入っていた入れ物を切り取ってIN。
ちょっと箱のサイズを間違えて、小さかったので無理やり加工しましたが・・・それも愛嬌で。

・・・こんな感じで、今年のホワイトデーも無事完了しました。

まぁ、親の自己満足ではありますが。
何をどこまでできるかな?っていうのを見定めて、実際にやってもらう。
そんな過ごし方もいいもんです。

今回はこんな感じで。ではまた!

家の中

Posted by mildfrog