中国通販の話

先日、ふとしたタイミングでiqosを水没させまして。
数日放っておいたんですが、やはり動作がおかしく、これは有償修理?1回は無料でやってくれるって話もあったっけ?とか思いつつ、1問1答をやっていったら、交換します→ヤマト便でいいよね?ということに。

この手続きをしたのが、昨日の23:30頃。
で、今日の9:00に到着。どうなってんの?と。

ちょっと具合悪いんだよねー → オッケー、交換品送るわ → 9時間後には到着。
なんだろう、この流れ。。。

そこで思い至ったのが、中国の通販だったので今回の記事になります。

僕がよく使っているのがGEAR BESTっていうサイトなんですが、こちらはいわゆるガジェット系の通販です。ケータイ本体とか、ラジコンとかロボット掃除機とか。

で、ここのサイトに限らないらしいんですが、中国系のサイトは不具合対応が「代替品すぐ送るから!」っていうもの。このとき、不具合が出た方の返品は求められないです。
悪意を持った人間が続出しないか?という心配をしちゃう感じですけど、返送のための送料やらクレームの対応の手間やらを考えたら、こっちのがラクなんでしょうけどね。

この他にも、スマホを注文→なかなか発送されない→そうこうしているうちに、買った時よりも安く売られる→どうゆうこと?と問い合わせる→差額返すね! ということがあったりとか。

基本、GEAR BESTは問い合わせには24時間以内の返答を行うっていう方針みたいで、たしかにちゃんと返答をくれます。

ユーザビリティといえばそうんなんでしょうが、運営サイド側で考えれば、通販利用者の母数が尋常じゃない数あって、いちいち返品の内容確認やら長期クレームなんかはやってらんないんだろうな、と。

結局は、ユーザーが得をする形というか、ゴネる余地のない形に持って行ったというか。

とっても中国的なやり方だなーとか思ってたんですが、同じような対応をする国内企業も増えてきたなーと。今回のiqosはもちろんですが、去年は靴のヒラキでサイズ違いあって、返品せずに正しいサイズのものを別便でもらったことが。

この手法、日本が遅れていて実は世界的にみると当然なのかしら?とかまで思っちゃう感じです。

趣味

Posted by mildfrog