町田リス園は夢の国。ただし夢はすぐに覚める

小さいころ、風の谷のナウシカを見て肩に小動物を乗せたい!という夢を抱いた人も少なくなはず。そんな小動物の中でも人気の高い、リスでございます。

もう10年くらい前になるんですが、「リスに餌をあげたい!」と思ったことがあります。

「関東」「リス」で探した際、野生のリスがいるところ っていのはいくつか出てくるんですが、エサはNG。そうしたなか、リスに餌やりOK、かつ飼育している施設が町田にある!ということで電車&バスで訪れたのが最初。でも、もう電車やバスでは行かない!大変すぎ!と思った記憶があります。

最近はなんだか色々な雑誌やテレビで取り上げられたりするので、ふらりと行ったらすごい人・・・ということもあったりしますが、基本的な好きな施設なのでご紹介。

まずは場所。

町田駅からだとバスで20分。結構な距離ですね。

こどもの国が近くて、こどもの国は行ったことあるけど町田リス園には行ったことないなぁ・・・という人が自分のまわりには多いです。

これ、多分ですが。

こどもの国は1日いても遊び足りない施設で、かつ動物もいるのに対して、町田リス園は基本リス。ほかにも小動物が少し。滞在時間は1時間程度です。入場料が500円なので、1時間でも充分じゃない?とは思いますが。
駐車場も隣にあって、1時間まで無料、1時間半で100円という破格の安さ。
というのも、このリス園という施設、町田市の障碍者雇用施設として運営しているからだと思われます。

公共交通機関ではアクセスが悪いのもこどもの国に大きく負けてる点。

なので、リスに情熱がある人、または他にも目当てがある人にしかおススメはできないです。

施設のメインのリスですが、広場に5000匹!の放し飼い。エサは100円でひまわりの種が売られてます。
前述のように最近は人が結構いたりするので、できれば早い時間がおススメ。夕方で人が少なくなったタイミングでもいいかな?と思うかもですが、大半の人が餌を与えることを楽しみに来ているので、夕方だとリスが寄ってきません。

リスがお腹減っているタイミングに行けると、膝や肩に餌を置いているだけで勝手に寄ってきて、そこで食事を始めたりします。

ただ・・・前に肩で餌を挙げていたら、耳たぶをかじられそうになったことがあるので、小さい子供を連れていくなら朝一番乗り!とかではない方がいいでしょうね。

あと、リスは台湾リスです。

上の写真は4歳なりたてくらいの頃ですが、身長110センチの子供に対して30センチくらいのリスは、ちょっと怖いみたい。

リス広場から離れると、モルモットやウサギがいます。
こっちも餌を売っていて、エサやりができます。

柵の中にいる動物にエサをあげる形なので、子供は安心感が高くてよいですね。

触れるコーナーもあるんですが、こっちはいつも込み合っているんで、ウチは利用したことないです。まぁモルモット触れるところは色んなところあるし、ね。

さて、町田リス園そのものは1時間くらいで飽きます。
そのあとの行き先として、ウチが利用しているのは「カインズホーム」と「コストコ」。

正直、ちょっと離れてはいますけど。

カインズホーム、実は武蔵小杉から最寄は町田か、江東区の南砂。
ここしか売っていないものとかあるんで、せっかく町田に来たなら立ち寄りたいスポットなんじゃない?とか思ってます。

まぁ、町田リス園。
ちょっと車で遠出しようか!っていうにはちょうど良い距離かと。

何より、リスに餌をあげられる施設って、国内でも数えるほどしかないみたいですしね。

今回はこんな感じで。ではまた!