野毛山動物園は楽しい!でも2才から!

GoogleMapで見ると、桜木町駅から1.2km、15分。入園料無料!なんて素敵な施設なんだ!と思える野毛山動物園、しっかりとウラがあるのでご注意を!

まずアクセス。海沿いの桜木町から、急激な山を登ります。大人だけで向かっても躊躇するくらいの急坂。動物園は山のてっぺんなので、登りっぱなしです。地元の人は、大人しくバスを使います。

車だから平気!ってわけでもないです。山の頂上付近には駐車場がないので、中腹の駐車場に車を停めて登ることに。こっちのパターンの場合は、先に妻子を近くに降ろして、パパだけ歩くって形が推奨されます。

次に園内。入口は頂上ですが、園内は斜面になっているので基本坂道。登ったり下ったり。ベビーカーでの行き来はかなり大変。しかも階段しかないエリアもあったり。

なので、歩き疲れた時のためにベビーカーを持って行かなきゃね、というくらいの子供を連れて行くのはおススメしません。苦行です。


さて、悪いところを書き連ねましたが、じゃあ行かない方が良い?というとそんなことは無く。地元の子たちの遠足先等で愛用されているような動物園だったりします。

広さは9.6万㎡、上野動物園の14.3万㎡から見ると3割ほど狭い敷地という形になりますが、前述のように斜面にあるため、平地の上野動物園のように活用できない土地・エリアもあり(そういった所は自然豊かな感じでまた良いのですが)、実際はもっと狭く感じます。

とはいえ、狭いと言っても斜面なので、子供の運動エネルギーの消費っぷりはなかなかのもの。帰宅時はグッスリになる感じです。

展示動物も主要どころを抑えていて、特にキリンの展示は斜面を活かしてキリンの顔が近く見れるようになっており、楽しめます。

ふれあいコーナーもあります。ま、ウチはコレ目当てで1歳ちょいで来て、後悔することになった感じなんですがね・・・!

食堂もあります。広くはないけど、来場者数もさほどなために席の取り合いになる感じではないです。電子レンジもあって弁当が暖められるし、授乳室もアリ。

ここで食べないならば、坂を下って桜木町に向かうと飲食店が一杯のエリアに。まぁ、「のんべえの聖地」「おっさんの聖地」と言われるエリアなので昼にやっていない店があったり、やっていても既に飲んでる人がいたりもしますが、当然小ぎれいなお店も多数あり、楽しめると思います。

こういったことも考えると、やっぱりベビーカーを使わずに園内を走り回り、帰りも下り坂を使って駅までの1.2kmを歩けるくらいの子供と一緒に行くと楽しめるのかな、と思います。

今回はこんな感じで。ではまた!