夢見が崎動物公園は「動物園」ではなく「公園」だ!

2019年2月19日

節分の恵方巻は、とりあえず毎年購入している中の人です。
恵方がどうとかじゃなく、季節の食べ物として豪華な海苔巻きを食べる日、という形で贅沢をする言い訳にしています。

さて、今日は夢見が崎動物公園。お出かけスポットを探していたら、川崎に無料の動物園がある!へー。いつか行ってみようかなー。そんな人も少なくないであろうスポット、夢見が崎。

まずは場所を確認しましょう。

最寄り駅はJR横須賀線の新川崎駅。次いで南武線の鹿島田駅。

でもね。駅から徒歩で向かうのは、自分で歩いてくれる幼児じゃないとおススメできない。

駅からの距離は許容範囲でも、目的地が山の頂上にあってベビーカーでは苦行です。じゃあバス?って思うけど、バスにベビーカーってのも大変だし、結局、それなりに登ることになっちゃうし、バス停によっては階段しかない側もあるし。

となると、車で行くのが最善、ということになります。駐車場は無料。でも、そんなに駐車場は広くない。最悪は山のふもとに停めて登ることになるかもです。

でもまぁ、自分は午前中に複数回行ってますが、停められなかったことは無いです。


さて、施設そのものについて。

タイトル通り、「公園」であって「動物園」ではない!と思ってください。

極論で言うと、動物メインではなく、「公園で動物も見れる」くらいの感じ。動物を見るだけであれば、30分で見終わるくらい。

園内MAPやらは公式よりも「お出かけインフォ」さんのサイトが見易いので紹介しておきます。

http://odekake.info/kanagawa/12_zoo/yumemi/yumemi.html

動物の近くは結構な匂いがするし、老朽感は拭えない。動物たちは非常にのんびりしている感じ。なんだろうこの感じ・・・いろんな種類の家畜を飼育しているお宅に伺った感じ?

お手製感というか。

いや、入場無料でこれだけの種類を飼育している、というリスペクトはあります。けど、人に紹介するときには僕の心情云々じゃなくて事実をしっかりと伝えないと・・・ね。

で。動物たちの他にも、山のてっぺんである周辺には、公園(元古墳らしい)、お寺(?)、そして動物。凧揚げしたり、キックスクーターの練習をしたりしている人が多くて、公園遊びをしに付近の人が来ている感じ。シートを引いてお弁当食べてるファミリーも結構見ます。

木のトンネルなんかは非常にフォトジェニックな感じです。

緑に囲まれていて居心地がいいので、我が家が近いこともあって複数回遊びに来ています。動物見ずに帰ったり、動物エリアを抜けた先の遊具目当てで走り抜けたり、ということもありますが。

食事等の周辺施設は、山の上ということで無し!

ふもとのエリアも住宅街なので、駅まで行かないと何もない感じ。

さらに、近い方の新川崎駅にはほとんど施設が無いので、鹿島田まで行く方が良いです。

まぁ、そもそも車で行った方がいいよって前提なので、大通りのファミレス向かう感じになるとは思います。

結論。気になってる人には申し訳ないけど、これだけを目当てに向かうほどの施設ではない!

何かとセットで行く予定を立てるのをお勧めします。

例えばそうだなー。武蔵小杉のグランツリー、等々力公園・競技場、鹿島田の貨物列車、末吉橋のクロスガーデンや島忠ホームズ、尻手の川崎南部市場あたりのいずれかとセットでどうでしょうか。

滞在1時間程度の見込みで充分ですので。

今回はこんな感じで。ではまた!