生ゴミ問題を考える

まさしく「異常」と気象予報士が言うくらいの熱い日々が続いていて、ちょっと落ち着いたら梅雨の季節が来ますな。6/10くらいになりそうとか。

この時期、いつも悩ましいのが生ゴミ問題。

昨年くらいまでは幸か不幸か、子供のオムツ用ポリ袋(臭わないヤツ)が大量にあったので、こまめに生ゴミをソレに入れて過ごしていたのですが、今年はどうしよう・・・同じものを購入する?もっと別の方法を?とか悩んでいました。

そんな折、会社が決算期で忙しくて残業しまくったおかげで、iphoneXRを定価で買えるくらいの臨時収入(?)がありまして。

だったら、まとまったお金でちゃんとしたものを買ってやろう!と。

生ゴミ処理でBestの対応だと僕が考えるのは、ディスポーザーです。

何ソレ?って人のために簡単に言うと、台所の排水口に生ゴミを流しちゃって、蓋をすると中に入った生ゴミが粉砕され、排水と一緒に流されるってモノ。なので、三角コーナーやら排水口にネットやらは不要になるし、生ごみが存在しないので匂いも存在しない、っていう素敵設備。

コレ、マンションだと設置されていることが多いものの、戸建てには基本的に設置されていない。

理由は、排水処理施設(装置)が別途必要だから。さらに、処理施設の届け出と年間点検が義務付けられているから。処理施設を必要としないものも出てきてるけど。

諸々込みで導入に30万~、年間点検が1万円/年くらい。耐用年数は10~20年くらい?

んー。高い。生ゴミだけのために月1~2万の投資って考えると、お店じゃないんだからさ・・・って感じ。

他に何かないのかねーって色々探していたらですね。

「ディスポーザー 戸建て 設置手数料込み9万円台」ってのがあったのですよ。まぢか!と。

で、そちらのサイトを色々と調べてみる。まず、ディスポーザーそのものの価格は他のサイトと比べても安い。さらに延長保証もついてる。ま、そもそも10~20年稼働、アメリカだと30年稼働が当たり前の商品だから延長保証はまぁ、工事に対する補償みたいなもんか。

会社の所在地は横浜市。

なんでこんなに安いかといえば、排水処理施設を設置せずに、そのまま流しちゃうから。つまり粉砕機(ディスポーザー)本体だけで運用する形。豪気。

せっかくなので、問い合わせてみる。

Q:川崎市で戸建てなのですが、設置してもいいんでしょうか?

A:川崎市は「自粛」を促していますが、条例で禁止されていないので依頼があれば設置します

何ソレ、かっこいい。

要は、「怒られるかもだけど罰する法律は無い」から、ウチが設置するのは違法じゃない、ということか。

いいねー。泉佐野市のふるさと納税のスタンスに近いものを感じる。
ちょっと真剣にココに依頼しようかと考えたんだけども。

行政からのクレームは別にいいけど、排水管が詰まることでお隣さんとかに迷惑がかかったりしたらイヤだなぁって。

結局、ディスポーザーは諦めることに。

でも、生ゴミ問題はリアルタイムで進行中。どうしようか。

最終的に、パナソニックの生ゴミ処理機を買うことにしました。生ゴミ処理機って、最新のものを探しても全然新しいモデルって出てないのね・・・。

で、さらに追加で三角コーナー、排水口の部材なんかもグレードの高いものを購入。全部で7万円くらい。まぁ、そこそこのコストになったかな。

でもね。

実は、生ゴミ処理機、川崎市から助成金が出ます!

今年度の受付予定数は160台。すくなっ。

上限金額は2万円、本体価格の半額まで。まぁ、充分です。

タイミングが良くって、年度の始まりって4月だから、当然まだ受付やってるんですよね。ちなみに、4月の受付件数が公表されてたけど、16件。んー、夏場に向けて件数が増えることを想定すると、12月には受付が終わってる感じかも。

ということは、ウチは実質5万円で生ゴミ対策+若干のグレードアップができるってことか。悪くない。

申請はちょっと手間だけど、2万円だったら多少の手間はねー。