私が全自動洗濯乾燥機を使わない理由

先日、「新3種の神器」のロボット掃除機、全自動洗濯乾燥機、食洗器のうち、食洗器だけ普及率が低い!もったいない!という記事を書きました。

まだ手で洗いものしているの?

にもかかわらず、今現在、全自動洗濯乾燥機は使っていません。
ま、色々と経緯はあるんですけれども、まずは全自動洗濯乾燥機について掘り下げてみます。

縦型とドラム型、どちらを選ぶか問題

まず一番最初はこれですよね。

縦型のメリット(対ドラム型)
・設置スペースの制限が少ない
・洗浄能力が高い
・洗濯機洗浄系の薬剤が使える
・高い耐久性能

ドラム型のメリット(対縦型)
・乾燥能力が高い
・洗濯物の出し入れがラク
・使用水量が少ない

実際に購入する際は、各々の事情や好みがあると思います。
でもね。

全自動洗濯乾燥機 という名前を冠せるのはドラム型

洗濯+乾燥が自動で満足にできるのは、ドラム型です。
何が言いたいかと言えば、「洗濯機でボタンをピッと押したら乾燥までやってくれる」ものじゃないと、「全自動」の名前を冠するのは違うんじゃない?と思うんです。

縦型の場合、洗濯能力が9キロの場合、乾燥能力は4.5キロ。洗濯能力の半分っていうのが大半。

これに対してドラム型は、洗濯能力9キロに対して乾燥能力6キロ。

本音で言えば、洗濯容量と乾燥容量が同じであってほしいけれども、2種類しかない。であれば、洗濯と乾燥の容量が近いドラム型しか選べないじゃないか!という感じです。

ドラム型、まぢ不良品

ドラム型しか選択肢がない!という結論に至り、ドラム型を使ってきました。途中、縦型の新商品なんかもチェックしたりなんかしながら。

でもね。

ドラム型、とにかくホコリが詰まる。
ホコリが詰まると、匂うし、動作がおかしくなる。
で、メンテナンス来てもらう。延長保証さまさま。

いったんよくなる。でも、また詰まる・・・。

毎年、メンテナンスしてもらう・・・。

電気屋さんに聞く。「この機種、ハズレなの?」
電気やさん曰く、「程度の差はあれ、ドラム型はこんなもの」

まぢか。
確かに、色々な人に聞いたり、いろんな記事を調べたりすると、同じような話がゴロゴロ。

私は洗濯乾燥機を諦めた

色々調べてわかったのは、洗濯機能と乾燥機能を一つに纏めるために、複雑な作りになり、メーカーが想定できない不具合が出ちゃったり、根本的にどうしようもない不具合もあったりする、と。

まぁ、そうだよね。
水で濡らすのと、水気を取るのと。

排水と排気を同じルートでやれれば、まだいいんだろうけど、そうもいかないし。
そうなっちゃう機種もあるみたいだけど、それだと洗濯機から排水溝の匂いが上がってくるし。

だったらもう。

シンプルに、洗濯機。それに、シンプルな乾燥機。

濡らす機械と、乾かす機械。

スペースは取るけれど。

今は、この構成で、さらに乾燥機をガス式にしました。
乾燥が1時間で済むからめっちゃラク。この構成にするために、制限がめちゃくちゃ厳しいけれど。

なんだろう。

「新三種の神器」ってさ、「新」なだけに全部がまだ未完成なんだなーと。
だからこそ、不具合や不便も把握して、導入可否を考えなきゃなんだろうなーなんて思います。

今回はこんな感じで。ではまた!

家電

Posted by mildfrog